リトルウッド・ファーマー

農業をやりたい気持ちを実現するため、農業、販売とイベントを回り自己PRに努めている新規就農者です
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

コスモス

9月の終りに咲く花がある。
コスモスの花である。
コスモスの漢字を思い浮かべると「秋桜」と答える。
この秋桜は造語と知っているだろうか。
山口百恵が歌った「秋桜(コスモス)」が大ヒット。
国民はコスモスの漢字は秋桜と思う様になった。
「秋桜(コスモス)」を作詞作曲したさだまさしはすごい。
日本全国コスモスの漢字は秋桜と認識させてしまった。
コスモスの花言葉は花色によって違います。
ピンクの花  純潔
赤色の花   愛情 調和
黄色の花   自然美
白色の花   優美
黒色の花   移り変わらぬ気持
余談
離婚した事を×1(バツイチ)は明石家さんまの造語である。
コスモス
スポンサーサイト
【 2016/09/18 (Sun) 】 知識 | TB(0) | CM(0)

秋分の日 9月22日(木)

販売計画を立てる時、必ず去年の同日の販売額を参考にする。
土、日、祝日は特に売り上げが伸びる。
今月は祝日、秋分の日がある。
秋分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになる。
ん ‼
去年の秋分の日は9月23日(火)
今年の秋分の日は9月22日(木)
祝日が違う。
無知は怖い。
太陽と地球の位置関係で秋分の日が変わる。
祝日で春分の日と秋分の日だけが日付が変わるのだ。
祝日は閣議決定され2月に発行される官報で公表される。
ちなみに、来年の秋分の日は9月23日(土)である。
無知は怖い。
春分の日
【 2016/09/12 (Mon) 】 知識 | TB(0) | CM(0)

東京 土産 4

今日一日分の東京行きの新幹線切符が残り1枚ある。
新幹線指定席は朝一番、午前6時30分発
昨日の疲れ、今日の東京での予定なし。目的も無し、
ま~東京に行くか。
結局、午前9時の新幹線自由席で行く事にした。

目的の無い旅なんて何も起こらない
孫の土産に奔走するのみ
最終新幹線で土産持参で帰宅
土産は東急ハンズ、LOFTで購入
今後は目標を持って旅立
【 2016/06/19 (Sun) 】 知識 | TB(0) | CM(0)

東京 「立ち飲み カドクラ」 3

東京に来たら必ず立ち寄るコースがある。
「激安、大衆、下町、立ち飲み」イメージをを持ち活気にあふ
れた店が東京上野にある。
スタッフは丁寧、キビキビで気持ちがよい応対をしてくれる
「立ち飲み カドクラ」に入る。
酎ハイ(250円)と煮込み(150円)頼み、店の雰囲気に溺れる。
さらにカドクラ名物「ハムカツ(250円)」と酎ハイを追加。
「ハムカツ」はTV「タモリ倶楽部」で紹介された逸品。
立ち飲み屋台を実感できるメニューであり、屋台の美味しさを食
する一品になる。
でも、ここにはさらに美味しい逸品がある。
「ビーフシチュー」である。
キャシュオンデリバリーで払う値段は500円
必ずや満足出来る「ビーフシチュー」
そして、お代わりをしてしまうメニューの一つである。
私もお代わりをしてしまった。
「東京っていいな ‼」 とつくづく思ってしまう。
「立ち飲み カドクラ」で食したメニュー
酎ハイ×4杯
煮込み×2皿
ハムカツ×2皿
ビーフシチュー×2杯
店名  立ち飲み カドクラ 
住所  東京都台東区上野6-13-1
              フォーラム味ビル1F
帰路は午後8時44分発新幹線に乗車 
自宅には午後11時30分着
「東京っていいな ‼」 とつくづく思いながら就寝
つづく
カドクラ

ハムカツ ビーフシシュー

【 2016/06/17 (Fri) 】 知識 | TB(0) | CM(1)

東京 「ランチ」 2

無知な私の東京旅行が始まった。
東京に何しに行くのか、答えはない。
とにかく東京に行く事だ。
2日間の乗り放題切符もあることだし。
土曜日、午前5時30分起床、午前6時30分乗車。
とりあえず、東京から離れて遠くに行こう的な考えから
横浜の地名か浮かんだ。
東京に着くや山手線で品川、東横線で横浜
横浜に着いたが何もすることなし。
水上バスで山下公園に行く事にした。
赤レンガ倉庫を見ながら山下公園に男一人旅
♬♬
人は誰もただ一人旅に出て
人は誰もふるさとを振り返る
ちょっぴりさびしくて
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ  ♬♬

東京に戻ろう
遅めのランチを渋谷でとる。
オシャレな雰囲気、空間のあるレストランでランチ
手軽なカフェ価格で素敵な食事し至福の時間が持てた。
「東京っていいな ‼」 とつくづく思ってしまう。
つづく
横浜
【 2016/06/13 (Mon) 】 知識 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

リトル・ウッド・ファーマー

Author:リトル・ウッド・ファーマー
自分で食べる物は自分で作る、このモットーから休日はひたすら農作業をし、イベント販売で人生の楽園を実感し、喜びを得てる新規就農者、己の農作業方法への喜びを感じてる

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR