リトルウッド・ファーマー

農業をやりたい気持ちを実現するため、農業、販売とイベントを回り自己PRに努めている新規就農者です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

18番ラーメン

暖簾を挙げて店に入ろうとした時、
「3名様以上のお客様
 申し訳ございませんができません」
入口に貼られたチラシを見た。
何を意図するか分からず店内に入った。
店内の厨房には店主らしきオジサンが一人。
カウンターのみで8人位が座れば満員の店内。
醤油、塩、味噌ラーメンの3種類に餃子(6こ)だけの
メニューである。
塩ラーメンと味噌ラーメンに餃子1枚を注文。
するとオジサンが一言。
「女の方の注文は何ですか?」
「味噌ラーメンです。」「わかりました。」
通常、
2人からの注文ならいっぺんに調理するはずなのだが
オジサンが作っているのは明らかに味噌ラーメンのみ。
麺の茹で具合、湯切りもびっくりするほど丁寧である。
妻に味噌ラーメンが運ばれたが、私の塩ラーメンはまだ
出てこない。いや、まだ調理していない。
するとオジサンは味噌ラーメンを調理した鍋等を洗いだした。
私の塩ラーメンはお湯沸かしからの調理始めである。
「スープ飲んで」と妻はサインを送って来た。
「旨い」と唸るほどの透明な味噌味のスープを堪能した。
厨房ではオジサンの丁寧な調理が始まった。
麺の湯で具合、湯切りも相変わらず丁寧である。
私のテーブルに塩ラーメンが運ばれて来た。
「旨い」と唸るほどの透明な塩ラーメンを堪能した。
もちろん、妻にも塩ラーメンのスープを堪能させた。
マジ美味しいラーメンを堪能した。
私が塩ラーメンを食べ終えた時、妻を見た。
妻も味噌ラーメンを同時に食べ終えた。
ふと思った。
入口に貼られたチラシ
「3名様以上のお客様
 申し訳ございませんができません」
2人が同時に食事終わるように調理出来るようにか。
オジサンの意気な計らいに脱帽した。
餃子は明日へつづく・・・・・・・・・
スポンサーサイト
【 2016/03/02 (Wed) 】 山形美味しい食事処 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

リトル・ウッド・ファーマー

Author:リトル・ウッド・ファーマー
自分で食べる物は自分で作る、このモットーから休日はひたすら農作業をし、イベント販売で人生の楽園を実感し、喜びを得てる新規就農者、己の農作業方法への喜びを感じてる

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。