リトルウッド・ファーマー

農業をやりたい気持ちを実現するため、農業、販売とイベントを回り自己PRに努めている新規就農者です
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜の季節になると想い出す話

桜の季節になると想い出す話がある。

”この地球の上に天の川のように美しい花の星座をつくりたい
花を見る心ががひとつになって、人々を仲良く暮らせるように・・・
彼が晩年に残した言葉です。
昭和41年、彼は「名金線」に乗る国鉄バスの車掌でした。
彼の名前は佐藤良二。

御母衣ダム建設よって水没する集落の桜の木(荘川桜)が
移植され見事に開花した事に感銘し、名金線の沿線、名古
屋から金沢までの266KMに桜街道を作る事を決意する。
彼が夢見たのは、自分の乗るバスが走る道路沿いに桜を
植え名古屋から金沢まで桜のトンネルを作る事でした。
そして試行錯誤の結果、樹齢が長く大木へと成長する品種
「荘川桜」の実生苗を育てる事に成功します。
車掌勤務の合間、台風、雨風の中で植樹に打ち込むが、彼
はやがてガンに冒されるが、医師の忠告にも拘らず植樹に
打ち込む日々を送った。
桜を植え始めた昭和41年から12年経過し、二千本余りを
植えた頃、彼は病に倒れ、志半ばの47歳という若さでこの
世を去りました。
彼の意思を継ぎ、佐藤良二氏の妻を始め、多くの仲間がさ
くら道を作っています。
今年も桜の季節、4月10日
「郡上市白鳥町を走る佐藤良二さくら道、夢マラソン」が開催
されました。
この話は「さくら」として映画になっています。
監督 神山征二郎
佐藤良二役は篠田三郎が演じております。
さくら
スポンサーサイト
【 2016/04/11 (Mon) 】 青春の思い出 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

リトル・ウッド・ファーマー

Author:リトル・ウッド・ファーマー
自分で食べる物は自分で作る、このモットーから休日はひたすら農作業をし、イベント販売で人生の楽園を実感し、喜びを得てる新規就農者、己の農作業方法への喜びを感じてる

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。